看護師の間で起こりやすい問題

医療従事者が重視すべきことの1つは、適切な医療を施すことです。医療ミスをしないことは当然として、患者に不可分ない医療を行うことが重視されなければなりません。しかし、一方で患者との関係性も、医療従事者が重要視しなければならないものの1つです。どれだけ高い医療技術を持っていたとしても、患者との間に信頼関係がなければ医療は確実に滞ってしまいます。こうした点は、医療の世界に飛び込んだと同時に必ず持っておくべき心構えとして教え込まれます。しかし、こうした心構えが裏目に出て職場で問題を抱えてしまうことも医療現場ではよくある話なので、気を付けておかなければなりません。
特に問題として多いのが、看護師間で起こるマウンティングです。マウンティングとは、言動や行動などによって自分が他者よりも上位であるということを示そうとする社会的なランク付け行為であり、昨今テレビドラマ化などもされて話題となりました。マウンティングが起こると同僚間での関係が著しく破壊され、最悪のケースでは退職せざるを得なくなってしまうこともあります。この問題が発生するにあたっては、女性が多い職場であること、他人との距離感が近過ぎることなどが素地にあることが原因とされています。とりわけ、看護師の世界では起こりやすいのが現状といえるでしょう。患者に接する姿勢を同僚との関係にまで持ち込んでしまうと、逆に職場での関係性を損なってしまう可能性があることを十分知った上で仕事にあたるようにしなければなりません。