患者と適切な距離を保つ

 医療従事者である看護師は、常に個々の患者にとって回復がいい方向に向かうように心構えをしてアプローチしなければなりません。そこで、より効果的な看護を提供するためにすべきことは、患者との信頼関係を築くことです。患者との信頼関係は良好なコミュニケーションによって成り立ちます。しかしながら、この良好なコミュニケーションはなかなか難しい技術です。患者と看護師の隔たりを作ることなく、かつ馴れ合い過ぎないことが大切なのです。なぜなら、隔たりを作ると患者はいいたいことや聞きたいことをいえなくなるだけでなく、馴れ合い過ぎると不快感を与えることがあることが挙げられます。
 時折患者とタメ口で接している看護師を見かけることがあります。時折そのように接することもあるかもしれませんが、全てのスタンスをタメ口にするのは看護師として正しいとはいえません。勘違いしてはいけないのが、親しみと馴れ合いは違うということです。前者は患者にとって心を許せて安心できることであり、看護師は患者の心の動きを敏感に察知しながら言葉を選んで安心感を与えなければなりません。後者は例え患者がその言動に不快感を抱いたとしても、それに気付かずに独りよがりな看護を提供することであり、これでは患者と良好なコミュニケーションを取れているとはいえません。したがって、看護師は常にさまざまな方向にアンテナを張り巡らせ、患者の立場に立った思いやりのある声かけや手助けができるように心掛ける必要があるのです。